LINK
クレカの強制退会と言われるものはその名前が指す通り有無を言わさずにクレジットカードを退会(停止)させられてしまうことを指します。強制失効になってしまうと当然それらのクレカについてはそれ以降、一切使用不可になります。失効となる事情は様々:クレジットを理由を問わず失効となってしまう事情は多岐に渡ります。一般的には日々の支払いにて使用するなど特段の事情なくクレカを用いている限りでは皆様が没収させられてしまうケースなどというものはまずないため心配なさらずにいて頂きたいですが強制失効となる理由について頭の片隅に入れておくことでクレカが一層健全に使えるようになると思うため、以降の文章ではその具体例に関して説明していきたいと思う。何をおいてもまず言えることはクレカの会社に向かって信用されなくなる愚行をしたりもしくはクレジット会社へのマイナスとなりうるような対応をすることがなければよほどのことがない限り没収となることはないと言えるでしょう。気持よく使用するということが最も重要なため、これまで当てはまるような対応をやってしまった心当たりのおありの人は、これ以後ちゃんといい履歴データにできるよう精進して頂いたいです。クレジットの代金を支払いをしない→こんなものは甚だ論外の対応ではあるが使用した費用をカードの発行会社に払わない踏み倒しをした場合、常日頃から借金で代金の支払いが滞るといったケースには例外なく強制没収になるようになります。基本的にはカード発行会社は利用者を信じているからこそクレジットを利用させているわけですから、利用者が返済できない場合にはそれまでの信用はすべて崩壊してしまう。そういった理由からクレジットカードを没収する手段で一層の被害拡大を未然に止める行動を講じなければならないために、失効になるわけです。