LINK
クレジットカードを解約するという行為だけならば非常にたやすいのだが、機能停止する場合見ておきたいいくつかの留意点についても理解しておいたら、クレカの解約なども卒なく終えることが簡単になるはずです。箇条書きにしてみた故出来ればご一読して頂ければ、と思います。クレジット加入手続きを終わらせた後いきなり試用不可能化してしまうのは控えるべき…クレジット発行した直後すぐに手にしたクレジットカードを解約すると、悪質な顧客という具合にクレジットカード会社にによって登録されるというアクシデントがないとも限りません(あくまで度々発行⇒機能停止というやり取りを行ったようなとき)。成約時の優待サービスを得る目的である契約のとき、ギフトカードやポイントなどの登録時の優待権をゲットしたから直ちに解約の電話を望ましいと考えたくなってしまう気持ちも納得できますけれども、クレジットカード会社サイドの観点より考えれば恥知らずの人間に関して一切自社の用意するクレジットカードを持って余計なコストを増やしたくないというように利用者を切り捨てるくらいのことがあっても文句は言えません。なので、あくまで契約時のプレゼントだけを目当てにクレジットカードというものを作成した場合でも即無効化行わずに最低でも半年、許されるならば1年が経過するまではクレジットカードを有効にしてその後解約するということを推薦したい。他には申請特典に限ったことではなく、とりあえず登録してみたのはいいが使用する機会がないので・・・というように考えてしまうときでも、最少でも180日が過ぎるまでは財布の中のクレジットカードを保持して欲しい。登録する側が何となく思っているよりクレジットというものを新しく作るときのマージンというものはかかってしまうものだと考えて、ほんのちょっぴり楽をさせてあげようというふうに相手を気遣って下さるとクレジット会社も助かるのではないでしょうか